H31禎瑞っ子日記

1年生との交流会*4年生

1年生に手作り紙芝居を読みました!

社会科で、二つの紙芝居を作りました。
「禎瑞ものがたり」は、竹内立左衛門(たけのうち りゅうざえもん)がどのようにして禎瑞をつくったかをまとめたお話です。
「まもる、客土」は、1946年の南海大地震によって禎瑞の土地が下がり、作物がとれなくなった土地を「客土(きゃくど)」という方法でよみがえらせたお話です。
どちらも、どうしたら1年生に分かりやすい紙芝居になるか、何度も話し合って作りました。

「禎瑞が、昔の人たちの苦労によって作られたこと」「地震によって一度沈んだ土地がよみがえったこと」を1年生に伝えました。1年生はお話に真剣に耳を傾けていました。

たくさん遊んだよ!

紙芝居のあと、1・4年生でたくさん遊びました。
「こおりおに」と「だるまさんが転んだ」を、時間いっぱい楽しみました。
1年生と、とても楽しい時間を過ごせました。

「他の学年の友達にも紙芝居を見せたい!」「一緒に遊びたい!」
交流会の後には、こんな声もたくさん聞かれました。

学習発表会にむけて(歌練習)

11月17日(日)の禎瑞文化祭に合わせて、学習発表会を行います。
今日は、全校合唱の立ち位置を確認しました。
みんなが素早く並ぶことができたので、一度歌ってみました。
音楽の先生から「言葉を大切にするように」と指導があり、一生懸命に歌う禎瑞っ子の横顔がすてきでした。

1年生給食後のひとコマ・・・

***どんぐりごまを作って遊んだよ***

生活科で、どんぐりごまを作りました。
すると給食後、誰からともなく教室の後ろでどんぐりごまを始めました。
いつの間にか
、「どんぐりごま大会」が始まり、みんなで盛り上がっていました(^^♪

子ども相撲(荒神社)

保存会主催の子ども相撲が、八幡集会所となりの荒神社(こうじんじゃ)で行われました。
1~6年生の禎瑞っ子、約30人が元気に相撲をとりました。
勝っても負けても、何度も取組をする元気な禎瑞っ子たちでした。