H31禎瑞っ子日記

第2回防災サミット

禎瑞小・氷見小・橘小の6年生と西条西中の2年生が、氷見小学校で防災について学びました。
愛媛大学の防災リーダークラブの方がていねいに教えてくれました。

  

地震について学び、液状化の実験をしました。

 

西条西中校区の浸水や土砂災害のシミュレーションを見たり、通電火災を防ぐグッズの体験をしたりしました。

 

災害ボランティアのクイズをして、それぞれについて話し合いました。

 

 ペットボトルでランタンを作りました。

  

昼休みの図書室

スポーツや芸術、そして読書にも適した気候になってきました。
昼休みの図書室では、禎瑞っ子が思い思いのスタイルで、本に親しんでいました。
図書室の外に並べられた上靴もきちんとそろっています。
「禎瑞のDNA」は、このように些細なところにも表れています。

禎瑞広場「RWC」「防犯笛」

禎瑞広場で、校長先生のお話がありました。
2015年ラグビーワールドカップで、強豪国を相手に、残り4秒のところで日本が逆転勝ちをしたお話から、
何事も挑戦してみないと分からないこと、諦めない心をもつことをお話されました。
禎瑞っ子たちは、校長先生の話をしっかりと聞き、質問にも積極的に答えていました。


 

これからも、何事にも諦めず挑戦していく禎瑞っ子たちになってほしいです。 
今月20日から日本各地で始まるラグビーワールドカップも楽しみです。

 

また、先日の敬老会で、地域のお年寄りの方々にお手紙を書いたお礼として防犯笛をいただきました。
6年生の代表児童が、笛のつけ方、使い方を見せてくれました

ランドセルにつけて、登下校中の自分の身を守るために大切に使わせていただきます。

母のHIROSHIMA・6年生

荒井宏子先生(元禎瑞小校長)が、『母のHIROSHIMA』と題して、戦争と平和・人権擁護についてお話してくださいました。
修学旅行を終えたばかりの6年生は、広島の街並みや語り部さんのお話、原爆資料館で目にしたものなどを思い出しながら、お話を伺いました。
6年生は、「自分自身が歴史と現実を正しく知ること」「知ったことを国内外に広げていくこと」「平和と人権を守るために自分にできることを考えること」など、様々な思いをもったようです。
今週金曜日には、人権・同和教育に視点を当てた授業参観(13:35~)&講演会(14:30~)があります。ぜひ、多くの保護者の方とともに考える時間にしたいと思います。

芝桜2019【総合】3・4年生

いよいよ来週となった玉津小学校との交流会。
今日は、芝桜植栽の発起人のお一人:高木さんに、発表の様子を見ていただきました。

高木さんからは、「芝桜を植えた当時の人の気持ちを大切にすること」「一人一人が主役。だから思いっきりやること」などと教えていただきました。
温かい言葉をかけていただき、「劇団ていずい」に、ますます磨きがかかります。

本番まであと少し。3・4年生で力を合わせて頑張ります!