H31禎瑞っ子日記

うさぎりんご

今日の給食の献立は、「パン・鶏肉とカシューナッツ炒め・ジャーマンポテト・もずくスープ・リンゴ・牛乳」でした。
りんごの品種は、トキリンゴです。
調理員さんが、低学年のリンゴを「うさぎりんご」にしてくれました。
かわいらしさや楽しさはもちろん、前歯が抜けた1年生には、とても食べやすくなりました。
細やかな心遣い、ありがとうございます。

二重虹

「祝賀御列の儀」が行われた10日は青空。昨日は一転、大気の状態が不安定でした。
登校時には、雨が降ったりやんだり。遠くに雷の音も聞かれました。
北の空には二重虹(ふたえにじ)=ダブルレインボーが見え隠れして、禎瑞っ子を楽しませてくれました。

 

生活科「つくろう あそぼう」1年生

****おもちゃ作りをしたよ****
「たのしい あき いっぱい」の学習で集めた、どんぐりや松ぼっくりを使っておもちゃ作りを始めました。
どんぐりゴマ、どんぐり相撲、松ぼっくりのけん玉、どんぐり迷路、どんぐり的入れ・・・。
子どもたちのすてきなアイデアで、楽しいおもちゃができそうです。
完成したら、禎瑞保育所のみどり組さんを招待する予定です。

禎瑞広場(表彰)

市陸上記録会や児童生徒科学展、作文や絵画コンクールの表彰を行いました。
禎瑞っ子の頑張りが形になって表れるのは、たいへん嬉しいことです。
「努力を続ければ、きっと良いことがある。」
こんな思いをもつことができたら、次の目標が見つかったときにも、前向きに取り組むことができますね。

愛媛県PTA大会

第65回県PTA大会が、四国中央市で開かれました。
PTA活動功労者表彰や親子防災キャンプの実践発表、養老孟子氏による講演などがありました。
県下各地で学校ために尽力してくださっている方が大勢いらっしゃることを、たいへん有難く思いました。

サツマイモ掘り

禎瑞広場の時間に、全校でサツマイモ掘りをしました。
保護者の方がトラクターで耕してくださり、畑が広くなったので、全校一斉に取り掛かることができました。
また、夏場に枯れかけたところは公民館長さんが捕植してくださり、おかげで昨年よりもたくさんの収穫がありました。
中には、顔の大きさほどのものもありました。
たくさんのサツマイモをどうするか、これからみんなで楽しく考えることにします。

 

就学時健康診断(子育て講座)

読み聞かせボランティア「ていちゃん ずいくん 宝箱」のみなさんによる、子育て講座の様子です。
絵本の読み聞かせにより「親子のコミュニケーション」「子どもの語感」などによい効果があることを、実演により示してくださいました。
子育ての喜びや悩みを率直かつ楽しくお話しする時間もあり、たいへん和やかな雰囲気の素敵な時間をもつことができました。
※「ていちゃん ずいくん 宝箱」では、常時、メンバーを募集しているそうです。
 ご関心のある方は、学校までお問い合わせください。

就学時健康診断(6年生)

来年度入学予定の子どもたちが、禎瑞小にやってきました。
6年生有志が、そのお世話を買って出ました。
「どういう言葉掛けが分かりやすいか」「どんな活動が楽しいか」などと相談し、
約3時間、立派にお兄さん・お姉さんぶりを発揮しました。

ミュージックケア

今日は、音楽療法士の先生をお迎えしました。
年生とわかば学級の禎瑞っ子が、ミュージックケアを行いました。
音楽に合わせて踊ったり、楽器を鳴らしたりして楽しい時間になりました。

 

学習発表会にむけて(金管練習)

体育館での金管練習が始まっています。
6年生にとって、小学生としての晴れ舞台は、学習発表会と音楽フェスティバルを残すのみ。
先生の指導をよく聞いて、自分たちの目標に向かって努力していることが伝わってきました。

緊急地震速報による訓練

5日(木)午前10時、屋外のスピーカーから全国瞬時警報システム(J-ALERT)を用いた緊急地震速報(訓練)が聞こえました。
禎瑞っ子は、放送が聞こえると危険なものから離れたり机の下に隠れるなど、すぐに身の安全を確保しました。
全員が黙って行動することができ、安全確保の仕方が身に付いてきたことが分かります。

西条市少年消防クラブ大会

11月3日(土)、丹原文化会館で少年消防クラブ大会が開催されました。
3・4年生の禎瑞少年消防団有志、団長さん、分団長さんと共に参加しました。
その中で、地域の消防団育成や活動に尽力した優良指導員として、禎瑞地区消防団員の方も表彰されました。

各学校が様々な工夫を凝らして、消防団の取組について発表しました。
日本は、火災だけではなく地震や洪水など、様々な災害が起こります。
災害が多い日本だからこそ、どのように命を守るかを考えさせられました。
実り多い消防団クラブ大会でした。

 

11月9日(土)には、火災予防広報活動と放水訓練を行います。
ふるさと禎瑞を火災から守るため、地域の皆さんに
「自分の地域は自分たちで守る」ことを呼び掛けます。

新米と石鎚黒茶

今日の給食から、新米(銘柄「にこまる」:西条産)です。
おかずには、石鎚黒茶と柿、枝豆の入ったかき揚げ。
栄養士さんと調理員さんがいろいろな工夫をしてくださっている給食を、今日もおいしくいただきました。

3年生・社会科見学

マルナカ氷見店へ行き、スーパーの秘密を調べました。

  

野菜や肉、魚を切る部屋にも入らせていただきました。
お客さんがたくさん来る秘密をどのくらいゲットできたのでしょうか。
これから、まとめの作業に入っていきます。

第8回 読み聞かせ

今朝は、3週間ぶりの読み聞かせです。
今日はどんなお話と出会えたのでしょう。

1年生 「おさがり」

2年生 「すてきってなんだろう?」

3年生 「ふしぎのお話」「お勉強ってなんのためにするの」

4年生 「田んぼのきもち」

5年生 「うそ・つき」「ともだちくるかな」

6年生 「じゅげむ」

今日も素敵なお話をありがとうございました。

「キレイのタネまき教室」

****おそうじ名人になれるかな!?****
1・2年生が、お掃除の仕方を教わりました。
雑巾のしぼり方、掛け方、ほうきやちりとりの使い方などです。
今まで知らなかった掃除の仕方を詳しく教わることができました。
「今日のお掃除からがんばるぞ!!」やる気いっぱいの子どもたち。
さあ、おそうじ名人になれるかな?

 

1年生との交流会*4年生

1年生に手作り紙芝居を読みました!

社会科で、二つの紙芝居を作りました。
「禎瑞ものがたり」は、竹内立左衛門(たけのうち りゅうざえもん)がどのようにして禎瑞をつくったかをまとめたお話です。
「まもる、客土」は、1946年の南海大地震によって禎瑞の土地が下がり、作物がとれなくなった土地を「客土(きゃくど)」という方法でよみがえらせたお話です。
どちらも、どうしたら1年生に分かりやすい紙芝居になるか、何度も話し合って作りました。

「禎瑞が、昔の人たちの苦労によって作られたこと」「地震によって一度沈んだ土地がよみがえったこと」を1年生に伝えました。1年生はお話に真剣に耳を傾けていました。

たくさん遊んだよ!

紙芝居のあと、1・4年生でたくさん遊びました。
「こおりおに」と「だるまさんが転んだ」を、時間いっぱい楽しみました。
1年生と、とても楽しい時間を過ごせました。

「他の学年の友達にも紙芝居を見せたい!」「一緒に遊びたい!」
交流会の後には、こんな声もたくさん聞かれました。

学習発表会にむけて(歌練習)

11月17日(日)の禎瑞文化祭に合わせて、学習発表会を行います。
今日は、全校合唱の立ち位置を確認しました。
みんなが素早く並ぶことができたので、一度歌ってみました。
音楽の先生から「言葉を大切にするように」と指導があり、一生懸命に歌う禎瑞っ子の横顔がすてきでした。

1年生給食後のひとコマ・・・

***どんぐりごまを作って遊んだよ***

生活科で、どんぐりごまを作りました。
すると給食後、誰からともなく教室の後ろでどんぐりごまを始めました。
いつの間にか
、「どんぐりごま大会」が始まり、みんなで盛り上がっていました(^^♪

子ども相撲(荒神社)

保存会主催の子ども相撲が、八幡集会所となりの荒神社(こうじんじゃ)で行われました。
1~6年生の禎瑞っ子、約30人が元気に相撲をとりました。
勝っても負けても、何度も取組をする元気な禎瑞っ子たちでした。

5年生親子活動

5年生の親子活動がありました。
まず、体育館で「ドッジボール」や「タグ取り鬼」をして遊びました。
保護者の方も入って親子で楽しみました。おうちの方の若さにびっくりです。
白熱したゲームでした!

遊んだ後は、家庭科室でおにぎりを作りました。
具は、からあげ・ツナマヨ・シャケです。
子どもたちは、自分が握ったおにぎりを美味しそうに食べていました。
また、豚汁もごちそうになりました。美味しくて、みんなおかわりして食べました。

充実した親子活動となりました。
準備から片付けまで大変お世話になりました。
ありがとうございました。

 

 

第2回 親子リサイクル活動

新聞紙・雑誌・段ボール・紙パック・アルミ缶のリサイクルを行いました。
保護者のみなさんが各地区を車で回ったり、自宅から持ってきてくださったりした資源ごみを、学校で仕分けたりまとめたりします。
コンテナやトン袋が次々に一杯になっていきました。
積み込みやひもの始末など、禎瑞っ子が進んで働く姿が見られ、頼もしい限りでした。
地域の方々、保護者のみなさん、ありがとうございました。

西条市小学校陸上運動記録会

一日順延になった記録会が、ひうち陸上競技場で行われました。
禎瑞っ子の代表は、他校の代表とともに、一生懸命に走り・投げ・跳び、さらに応援する姿も立派でした。
力を出し切ったあとには、とてもいい笑顔が見られました。

教室の表情

体育館で、タグ・ラグビーの授業をしていました。
鬼ごっこのようなことから始めたタグ・ラグビーですが、ミニゲームができるまで上達しています。

校舎に戻って教室をのぞいてみると、それぞれに表情がありました。

左の教室は、机の上がきれいに片付けられています。
右の教室は、次の授業準備が整えられています。
また、机がピタッと合わさって、椅子がしまわれているのは共通です。
先生がきちんと指導し、禎瑞っ子がそれを丁寧に行っているのが伝わってくる教室のよい表情です。

禎瑞広場「お楽しみ集会」

10月生まれの禎瑞っ子をお祝いしたあと、ボール送りゲームをしました。
合図に合わせてボールを送り、ボールが止まると「アウト」です。
アウトになっても復活できる仕組みがあり、みんなニコニコしながら楽しみました。

陸上運動記録会 壮行会

24日(木)にひうち陸上競技場で開催される記録会を前に、壮行会を行いました。
5年生の応援団を中心に、全校児童がエールをおくりました。
選手は、禎瑞っ子の代表として精一杯頑張ってくれることでしょう。
校長先生からは、
「練習の様子から、成長している面がたくさんあります。」
「本当に大切なものは、日常生活にあります。誰も見ていないところ、点数もつかない、賞状ももらえないところでも、手を抜かず、一生懸命になれるかが大切です。」とお話がありました。

 

氷見交友会館「ふれあい祭り」で発表

3・4年生有志が、「禎瑞の芝桜」について発表しました。
今では、県内外から多くの人が訪れる「禎瑞の芝桜」。
でも、10年ほど前までは、ごみが不法投棄されることもある場所でした。
誰がどのようにして今のようになったのかを取材し、プレゼンにまとめました。
地域を愛し、地域の課題を何とかしようと行動する熱意が、禎瑞っ子の中に確かに育っています。

タグラグビー☆3・4年

日本では、ラグビーワールドカップが盛り上がっていますね。
あさって20日には、準々決勝「日本vs南アフリカ」が行われます。
禎瑞小の3・4年生も負けてはいません。
先週から、体育で「タグラグビー」を行っています。

 
ラグビーとはルールが異なりますが、後ろにボールを投げたり、トライするなどは同じです。
腰に付けた2本のひらひらしたフラッグ・タグをお互いに取ったり取られたりしながら、ボールを持ってコートを自由自在に駆け回り、 相手ゴールを目指します。

試合が終わった後は、道具を丁寧に片付ける姿も!
さすが禎瑞っ子ですね。

「One for all, all for one.」
「一人はみんなのために、みんなは一人のために」

タグラグビーを通して、子どもたちは一人一人の役割について学んでいます。

イヌマキの実

学校のご近所の庭で、イヌマキが実をつけていました。
持ち主の方は、「イヌマキは生垣に使われ、刈り込まれることが多いため、実を見ることはあまりないかもしれない。」と教えてくださいました。
赤い花托(かたく)の部分は食べられるそうなので、いくつかいただきました。
ほんのり甘く、さわやかな味が口に広がりました。

横断歩道がくっきり!

禎瑞小とJA禎瑞支所の間にある、信号のない交差点の写真です。
この交差点は、産業道路バイパスに通じています。
スピードを出したまま通る車もあり、時には一時停止の標識を見落とす様子も見られます。
そのため、登校時には、保護者や地域の方が見守ってくださっています。
この交差点の横断歩道や一時停止のラインが薄くなっていたので、西条警察署交通課にお知らせしたところ、さっそく対応してくださいました。
 

陸上 朝練習

10月24日の小学校陸上運動記録会に向けて、リレーの朝練習が始まっています。
練習の中心は、バトンパスです。
何度も何度も繰り返し、二人のコンビネーションを確かめます。
この日は、前日の記録を1秒ちぢめることができました。
目標に向かって努力する禎瑞っ子は、かっこいいですね。

1年生 国語科「くじらぐも」

今日は運動場で動作化しながら「くじらぐも」の音読をしました。
子ども役とくじらぐも役に分かれてしました。

「天までとどけ、一、二、三!」
子どもたちの元気な声が運動場に響き渡りました。
お天気も良く、くじらぐものような雲も見つけました!

 

不審者対応訓練

禎瑞小では、地震・火災など、年間10回以上の非常時対応訓練を行います。
今日は、1階から不審者が侵入したことを想定した訓練を行いました。
先生からの事前指導をよく思い出して、それぞれ安全な場所に避難することができました。
1次避難場所として、公民館にも協力していただきました。ありがとうございました。

木村先生(日本文化大学)による特別授業

5年生が、木村重夫先生による特別授業を受けました。
今年の全国学力・学習状況調査問題(算数)から、全国的に正答率が低かった問題を扱いました。
作業を通して問題を構造的に読むことで、難しく見える部分が次第に紐解かれていきました。
5年生は、先生の指示をよく聞き、積極的に勉強していました。
作業も丁寧に行い、正答あるいは正答に近い解答を書くことができました。
放課後は、他校の先生も加わって、研修会を行いました。

禎瑞地区 秋祭り

西条祭りは、禎瑞地区から始まります。
今朝早く、6台の太鼓台が嘉母神社に集まり、祭礼、宮出し。
その後、各地区を回りました。
指揮者を務めるのは、禎瑞っ子です。
指揮者の合図に合わせて太鼓台が差し上げられるのは、壮観でした。
先生方も拍手を送ったり、保護者・地域の方に混じって太鼓台をかいたりしていました。

第7回 読み聞かせ

 

今朝は読み聞かせがありました。

子どもたちは、椅子を用意して、読み聞かせボランティアの方たちが来るのを楽しみに待っていました。

さて、今日はどんなお話と出会えたのでしょう。

1年生 「モチモチの木」

   

2年生 「フレデリック」「どうするティリー」

  

 

3年生 「十二支の始まり」「こけをみつけたよ」

  

4年生 「きょうはなんのひ?」

  

5年生 「ひみつのかんかん」

  

6年生 「ぼくの兄ちゃん」

  

 

今日も素敵なお話をありがとうございました。

 

 

*芸術の秋*4年生

4年生は、液体粘土を使って素敵な作品を作りました。
今日は鑑賞会の日。
作品をお互いに見合い、友達のよいところや工夫しているところをたくさん見つけました。


「芸術は爆発だ!」クラスの誰かがそんなことをつぶやいていました。
芸術の秋に、4年生みんなで作品鑑賞を楽しむことができてよかったですね。 

花植え

地域の方からいただいた、シレネと葉ボタンの苗を植えました。
道路側からきれいに見えるよう、手前と奥で高さが異なるようにしてみました。
学校前を通る皆さんにも、楽しんでいただきたいです。

 

道徳科・5年生

『転校生がやってきた』という教材を使い、「いじめをなくすためにはどうしたらいいのか」について考えたり意見交換したりしました。
5年生は、自分の考えをワークシートにまとめ、ペアやグループで話し合いました。
その中で、友達の考え方にふれ、改めて自分の考えを見直したりさらに深めたりしていました。
先生の発問をよく聞いて、積極的に手を挙げる様子から、頼もしさも感じました。
放課後は、先生方がよりよい授業づくりのために研修を行いました。

みそ de 西条産スープ

『みそ de 西条産スープ』は、今日の献立の一つです。
給食レシピコンクール入賞・定番メニューだそうです。
「和」の“みそ”と、「洋」の“コンソメ”がコラボした、新しい味でした。
他には、パン、チキンフレーク焼き、野菜のレモン和え、牛乳がありました。

禎瑞っ子は、今日もおいしくいただきました!

陸上記録会 合同練習会

10月5日(土)に、陸上記録会の合同練習会がひうち陸上競技場でありました。
選手は、10月24日(木)の陸上記録会に向け、気合が入っています。
本番の感覚を確かめながら練習しました。
応援よろしくお願いします。

トコピカ

トコピカとは、「とことんぴかぴかにする」という意味の環境整備・清掃活動です。
お川狩りの後、乙女川や加茂川、龍神社周辺を禎瑞っ子と保護者が一緒にきれいにしました。
事前準備から片付けまで、土地改良区・漁協・PTA・父親部・地域の方々など、たくさんの方にお世話になりました。
ありがとうございました。
今日の様子は、後日、新聞に掲載される予定です。

お川狩り(釣り)

昨年度は、台風で中止になった「お川狩り」。
今年こそはと、何本もの釣り竿が乙女川に向かっていました。
次々と魚が釣れ、全部で50匹以上の釣果となりました。
種類は、ブルーギル、ブラックバス、スズキ、ボラ、ハゼ、ショウハチ(オイカワ)、フナ、ヒイラギ、セイゴなどです。
一番大きなものは、35.5㎝のボラでした。

お川狩り(投網)

江戸時代から続く「お川狩り」。
西城藩主が、年に数回、住民に漁を解禁したのが始まりです。
今日は、禎瑞っ子が投網や釣りなどをして伝統行事を楽しみました。

投網には、4年生以上が挑戦します。小潮の今日は水深が深く、なかなか魚がとれませんでしたが、さすが上級生は投網をきれいに広げていました。
1・2年生も、船に乗せてもらって大満足。
船頭を務めるお父さんや先生も、かっこよかったです。

花の苗、ありがとうございます。

地域の方から、シレネと葉ボタンの苗をいただきました。
来週の禎瑞広場の時間に、縦割り班の花壇に植えます。
四季折々、禎瑞小学校の正門が明るくにぎやかになって嬉しいです。
ありがとうございます。

1年生 音楽

****鍵盤ハーモニカが弾けるようになってきたよ****

1学期の終わりから少しずつ始めた鍵盤ハーモニカが、少しずつ弾けるようになってきました。
今日は「ひのまる」を演奏しました。
指づかいに気を付けて、みんなで最後まで演奏することができました。

朝の様子

嘉母神社近くの通学路を、一列に並んで登校しています。
高学年は安全を見守りながら先頭を歩き、低学年はそれに従っています。

学校では、陸上記録会に向けてリレーの早朝練習が始まっています。
先生の指導をよく聞いて、記録を伸ばそうと一生懸命です。

学校横の乙女川(おとめがわ)には、10/6(日)の「お川狩り」で使う船が陸から降ろされていました。

眠育 4・5・6年生

4~6年生を対象に、生活習慣に関する授業を行いました。
市内全小中学校で御尽力いただいている和洋女子大学准教授多賀昌樹先生に、お話をしていただきました。
睡眠のメカニズムや朝気持ちよく起きるための方法、朝食の役割など、生活習慣についてたくさんのことを教わりました。

1.朝起きたら、まず太陽の光を浴びる。
(体内時計がリセットされて、夜に眠りやすくなる。)
2.寝る2時間前からは、スマートフォンなどを使わない。
(ブルーライトを近くで見ると、脳が覚醒して浅い眠りになる。)
3.朝食にたんぱく質を食べる。
(睡眠ホルモン「メラトニン」が夜に多く分泌され、よい眠りにつくことができる。)
という3つの要点を学びました。

質問・感想の時間、禎瑞っ子は積極的に手を挙げ、生活習慣や睡眠について関心をもって聞いていたことがわかりました。

禎瑞っ子なら、学んだことを生活に取り入れ、よりよい生活を送ってくれると思います。
大人になってから、急に生活習慣を変えることは難しいかもしれません。
今からよい生活習慣を身に付け、生涯健康な体で過ごしてほしいです。

 

稲刈り 5・6年生

バケツ稲の稲刈りをしました。
禎瑞生産組合の方に教えてもらいながら、カマで稲を刈り、ひもで縛り、物干し竿に稲穂を干しました。
子どもたちは、しっかりと稲を握り、カマを引いて上手に刈っていました。
1本の稲穂に、80~100粒のお米がなっていました。
この数は、大成功と言っていいそうです。

その後は、バケツの土を畑に移しました。
稲の根がバケツいっぱいに張っている様子がよく分かりました。
最後は、バケツを水洗いし、後始末もきちんとして終わりました。

 

投網練習 4~6年生

禎瑞小恒例の投網練習です。
地域の宮武さんと高橋さんを講師に迎え、投げ方のコツを手取り足取り教えていただきました。
また、杉本PTA会長さんと越野副会長さんも来てくださり、練習をサポートしてくださいました。

6年生は3年目ということもあり、大きな網を大きく広げた見事な投げ方でした。
テレビ局や新聞社の取材があり、農業に漁業に、最近大注目の禎瑞っ子です。
10月6日(日)のお川狩りでは、ぜひ、投網や釣りで魚をGETしたいですね。

5年 家庭科「ミシンでぞうきんを作ろう」

家庭科の時間に、ミシンを使ってぞうきんを作りました。
まず、上糸のかけ方と下糸の出し方を実習しました。
その後、おうちから持ってきた古タオルを縫ってぞうきんを作りました。
苦戦している子もいましたが、友達と教え合い、助け合いながら、みんな一生懸命にタオルを縫っていました。

子どもたちが縫ったぞうきんには、どれも頑張った跡が見られました。
初めて縫ったぞうきんで、ぜひ、おうちをきれいにしてくださいね。

第6回 読み聞かせ

2学期の読み聞かせがスタートしました。
久しぶりの読み聞かせです。今日はどんなお話と出会えたのでしょう。

1年生 「おばあちゃんのすてきなしわ」「ぽんぽん山の月」

2年生 「メチャクサ」

3年生 「つき」「ちきゅうのいちばんのともだち」

4年生 「つみきのいえ」

5年生 「くまごろうのだいぼうけん」

6年生 「芝桜が語ってくれること」

今日も素敵なお話をありがとうございました。

   

オーストリアにちなんだ給食

西条市は、2020年東京オリ・パラ競技大会におけるオーストリア共和国のホストタウンです。
それにちなみ、オーストリア料理が献立に登場しました。
シュニッツェル(かつれつ)とヴルツェルフライシュ(ポークポトフ)です。

玉津小との交流会 3・4年生

玉津小4年生が、校外学習として禎瑞新田の見学に訪れ、禎瑞小の屋上から禎瑞全景を眺望しました。
その後、禎瑞小3・4年生が、現在取り組んでいる禎瑞についての調べ学習の一端を紹介しました。
取り上げたのは、「禎瑞の芝桜」。
10年前、自治会の皆さんの手で植え始めた芝桜は、毎年少しずつ広がり見事な花畑になりました。
きれいな花を咲かせるための苦労や地域の方の願いについて、資料や寸劇で説明しました。
また、連合自治会長を務められていた高木治雄さんをゲストティーチャーにお迎えし、当時の思いを語っていただきました。

学校だより「しおさい」10月号

本日、各家庭に配布するとともに、HPの「お知らせ」にアップしました。
どうぞご覧ください。(バックナンバーもご覧いただけます。)
10月号_もう一つの禎瑞のDNA「絆」
  9月号_夏休みを終えて
  7月号_ふるさと禎瑞を愛し進んで学びあう子
  6月号_優しく思いやりのある子
  5月号_元気でたくましい子
  4月号_目指す児童像

ドングリ拾い 1年・生活科

****ドングリを拾って数えたよ!!****

生活科「あきをさがそう」の時間にドングリ拾いをしました。
台風の影響か、運動場北側にはたくさんのドングリが落ちていました。
拾ったドングリをみんなで数えました。
「2,4,6,8・・・。」10個ずつ数えてかごに入れていきます。
全部で、916個!
「もう一回行って、1000個超えたい!!」と子どもたち。
たくさんのドングリで、小物やおもちゃを作る予定です。

禎瑞広場「お楽しみ集会」

禎瑞っ子が楽しみにしている「禎瑞広場」です。
今日は、「お楽しみ集会」として、9月生まれの友達をみんなでお祝いした後、
先生の好きな音楽や色、テレビ番組など、アンケートをもとにした三択クイズを楽しみました。
先生の意外な趣味を知って驚いたり、自分の好みと同じだと知って喜んだり・・・。
担当委員会の児童の説明が分かりやすく、クイズが終わった後、「えぇ!もう終わりなの!」という声も聞かれました。

「今、輝くために」谷口晃先生

多賀小学校の谷口晃校長先生をお招きし、「今、輝くために」と題してお話しいただきました。
谷口先生ご自身が、おばあ様から受けられた愛情。
懸命に働くお母様への心ない言葉。懺悔の念。そこから湧き上がる感謝の気持ち・・・。
谷口先生の、体験に基づいたお話に深く考えさせられました。
「つながる命、言葉の重さ、一つしかない命」などのメッセージを、禎瑞っ子も保護者もしっかりと受け取りました。
谷口先生のソフトな語りと歌は、心に染み入る、まさに「命の授業」でした。

人権・同和教育参観日

禎瑞小では、人権感覚を養うため、学校生活全体の中で自他が大切にされていることを実感できる学校づくりに努めているところです。
家庭や地域等においてもそのような環境づくりができるよう、人権・同和教育に視点を当てた参観日を行いました。
1年生「あたたかい心で親切に」 2年生「友達と助け合う心」 3年生「自分のよいところ」
4年生「親切にするって?」 5年生「ハンセン病問題」 6年生「ネット社会」
これらのテーマや題材について、各学年で考えを深め合ったり自分の行動について振り返ったりしました。

防災・減災に向けて

1学期には、参観日を兼ねて屋上への垂直避難訓練・保護者への引渡訓練を行いました。
その際の反省の一つに、階段に置かれた物が避難の障害になるのではないかということがありました。
そこで、担当の先生が屋上手前の踊り場を整理してくれました。
棚は固定されているので、ここに全児童分のライフジャケットを収納することを検討しています。

プログラミング教育の導入に向けて

来年度から、プログラミング教育が導入されます。
プログラムをつくることが求められているわけではなく、論理的思考力を身に付けることに重点が置かれています。
とはいえ、その指導にはプログラミング言語があると効率的です。
禎瑞小では、ICT支援員さんの力も借りながら、プログラミング教育導入に向けて準備を進めています。
この日は、2年生がブロックを組み合わせてプログラムを作るソフトで、キャラクターを動かしていました。

新ALT ジョシュア・ピレズ先生来校

新しいALT(英語指導助手)として、Joshua pires(ジョシュア ピレズ)先生が禎瑞小に来てくださいました!
今日は、来校一日目。 
パワーポイントを使って、御自身のことや出身地のオーストラリアについて、楽しく・分かりやすく紹介してくださいました。 

 

 自己紹介を真剣に聞いていた子どもたちは、質問コーナーで積極的に手を挙げ、
「身長は何cmですか」「休日は何をして過ごしていますか」などの質問をしていました。

 これからもたくさんのことを教えていただきましょう♪

第2回防災サミット

禎瑞小・氷見小・橘小の6年生と西条西中の2年生が、氷見小学校で防災について学びました。
愛媛大学の防災リーダークラブの方がていねいに教えてくれました。

  

地震について学び、液状化の実験をしました。

 

西条西中校区の浸水や土砂災害のシミュレーションを見たり、通電火災を防ぐグッズの体験をしたりしました。

 

災害ボランティアのクイズをして、それぞれについて話し合いました。

 

 ペットボトルでランタンを作りました。

  

昼休みの図書室

スポーツや芸術、そして読書にも適した気候になってきました。
昼休みの図書室では、禎瑞っ子が思い思いのスタイルで、本に親しんでいました。
図書室の外に並べられた上靴もきちんとそろっています。
「禎瑞のDNA」は、このように些細なところにも表れています。

禎瑞広場「RWC」「防犯笛」

禎瑞広場で、校長先生のお話がありました。
2015年ラグビーワールドカップで、強豪国を相手に、残り4秒のところで日本が逆転勝ちをしたお話から、
何事も挑戦してみないと分からないこと、諦めない心をもつことをお話されました。
禎瑞っ子たちは、校長先生の話をしっかりと聞き、質問にも積極的に答えていました。


 

これからも、何事にも諦めず挑戦していく禎瑞っ子たちになってほしいです。 
今月20日から日本各地で始まるラグビーワールドカップも楽しみです。

 

また、先日の敬老会で、地域のお年寄りの方々にお手紙を書いたお礼として防犯笛をいただきました。
6年生の代表児童が、笛のつけ方、使い方を見せてくれました

ランドセルにつけて、登下校中の自分の身を守るために大切に使わせていただきます。

母のHIROSHIMA・6年生

荒井宏子先生(元禎瑞小校長)が、『母のHIROSHIMA』と題して、戦争と平和・人権擁護についてお話してくださいました。
修学旅行を終えたばかりの6年生は、広島の街並みや語り部さんのお話、原爆資料館で目にしたものなどを思い出しながら、お話を伺いました。
6年生は、「自分自身が歴史と現実を正しく知ること」「知ったことを国内外に広げていくこと」「平和と人権を守るために自分にできることを考えること」など、様々な思いをもったようです。
今週金曜日には、人権・同和教育に視点を当てた授業参観(13:35~)&講演会(14:30~)があります。ぜひ、多くの保護者の方とともに考える時間にしたいと思います。

芝桜2019【総合】3・4年生

いよいよ来週となった玉津小学校との交流会。
今日は、芝桜植栽の発起人のお一人:高木さんに、発表の様子を見ていただきました。

高木さんからは、「芝桜を植えた当時の人の気持ちを大切にすること」「一人一人が主役。だから思いっきりやること」などと教えていただきました。
温かい言葉をかけていただき、「劇団ていずい」に、ますます磨きがかかります。

本番まであと少し。3・4年生で力を合わせて頑張ります!

禎瑞地区敬老会・1年生

*****敬老会で踊ったよ!*****
1年生の子どもたちが、敬老会に参加しました。
今年は、運動会で踊ったパプリカダンスを披露しました。
おじいちゃん、おばあちゃんから大きな拍手や声援をもらい、大成功でした!

5年 家庭科「わくわくミシン」

5年生は、家庭科でナップザックを作ります。
今日は、ミシンの空縫いをしました。
初めてミシンを触る児童もいて、始めは恐る恐る空縫いをしていましたが、
繰り返し練習をするうちに、ミシンに慣れて、速いスピードでできるようになりました。

次の家庭科では、古いタオルでぞうきんを縫う予定です。

修学旅行徒然日記⑬

みろくの里で、2時間ほど遊んだところです。

今シーズン最高の人出かと思われるほど、多くの観光バスが並んでいました。

でも、かえって活気ある雰囲気で、子どもたちも楽しんでいます。

そろそろ、買い物をする子もいるようです。

修学旅行徒然日記⑫

ランチバイキング。

お料理もスイーツも、きれいに盛り付けて美味しくいただきました。

お腹がいっぱいになった後は、

   ・

   ・

   ・

みろくの里に備えて、おやすみなさい。

修学旅行徒然日記⑪

宮島水族館です。

海は身近な環境のはずですが、じっくりと見入る子がほとんど。

ふれあいコーナーで、ヒトデとたわむれる子も約半数。

修学旅行徒然日記⑨

おはようございます!広島は、今日もいいお天気です。

今朝も集合時刻には全員そろい、朝食(バイキング)をいただきました。

間もなく宮島に向かいます。

修学旅行徒然日記⑧

試合はその後同点のまま、7回へ。

ジェット風船を飛ばすと、球場の雰囲気は最高潮。

後ろ髪を引かれる思いで球場を後にしましたが、ホテルでの時間も、楽しみの一つです!

修学旅行徒然日記⑥

ホテルに到着し、野球観戦に備えてお腹を一杯にしています。

禎瑞っ子は、どこへ行ってもきちんと挨拶や返事をするので、対応される方も気持ちよく思われるのでしょう。

すてきな笑顔で説明や案内をしてくださリ、ありがたい思いです。

6年生が不在だけれど・・・

今日から6年生が修学旅行へ出発しました。

朝から、学校の最高学年である5年生が、6年生の代わりをしようと大張り切りです。

朝の挨拶の声は、5年生、最高でした!!

最近、残暑の厳しい日々が続きましたが、今日は久しぶりに曇って、過ごしやすい日でした。

みんな集団で元気よく外遊びを楽しみました。

 

その間、5年生は、金管練習に真剣に取り組んでいました。

授業中の態度も素晴らしい!!

 

今日の5年生は、ちょっぴり頼もしく感じました。

明日も、下級生のお手本となり、学校を守ってくださいね。

修学旅行徒然日記⑤

午後は、平和学習プログラ厶です。

終戦当時9歳だった方から当時の様子を伺ったあと、原爆ドーム・平和記念公園・原爆資料館を見学しました。

今年リニューアルした資料館では、充実した展示物と工夫された演出で、感じる部分が多数ありました。

修学旅行徒然日記③

マツダミュージアムの見学です。

広大な敷地で15,000人以上の方が働いています。

実際に稼働している組立ラインを間近に見て、子どもたちは目を丸くしたり口をあんぐり開けたりしていました。

運転席に座って、大人の気分を味わう子もいました。

修学旅行徒然日記②

しまなみ海道を渡り、本州に入りました。

レクレーション係による、山手線ゲームやビンゴ大会。

禎瑞っ子は、盛り上げ上手です。

修学旅行徒然日記①

夜来の雨も上がり、涼しさを感じる中、出発式を行いました。

全員そろって、元気に出発です。お見送り、ありがとうございました。

車内では、マイクを持って自己紹介。

爆弾発言?もあって盛り上がりました。

玉津小学校との交流に向けて!【総合】3・4年生

西条市の4年生は、社会科で禎瑞干拓について学びます。
9月26日(金)には、玉津小4年生が禎瑞新田を見学する予定で、そのとき禎瑞小も訪問します。
禎瑞小の3・4年生は、禎瑞の歴史を玉津小のみんなに分かりやすく伝えることができるよう、準備中。
何をするかって………それは秘密です。
とっても楽しい交流会になりそうです

 

 

1年生 生活科

****虫取りをしたよ!!****

生活科で虫取りをしました。
バッタ、ダンゴムシ、トンボ・・・。まだまだ暑さが続いていますが、たくさんの虫がとれました。
今度は虫を育てる方法をいろいろ調べたくなった子どもたち。
教科書だけでは分からないことも多かったので、図書室へ行って調べる計画を立てています。

虫取りの後、丸テーブルを囲んで虫の観察をする子どもたち。
いろいろな発見があったようでした。

心は形に現れる

朝の水やりが終わったあとの、ジョウロの様子です。
保健室裏のエアコンの室外機の上。
人目に付きやすいところではないのですが、写真のように整えられていました。
見た目も美しく、次に使うときもさっと取り出せそうです。
禎瑞っ子に、このような美意識が育っていることを、嬉しく思います。

2学期スタート!1年生

****2学期のめあてを書いたよ!****

2学期がスタートして2週目に入りました。
まだまだ残暑厳しい中、子どもたちは落ち着いて学習に励んでいます。
今日は、2学期のめあてを書きました。それぞれ頑張りたいことを考えて書くことができました。
2学期のいいスタートが切れています。

夏休みの作品を掲示しています。
休み時間に見ては、夏休みの思い出を語り合っています!!

理科作品展

西条市「こどもの国」で、夏休みの理科研究作品展が開催されています。(明日8日まで)
市内小中学校から出品されたものが、展示室一杯に様々な研究が並べられていました。
禎瑞小からも、8点の力作が出品されました。
低学年では、一生懸命さが伝わってくるもの。高学年では、グループで楽しく取り組んでいるもの。
保護者や先生のアドバイスを生かすなどして、緻密に取り組んだもの。
それぞれ、頑張りが伝わってくる研究ばかりでした。

 

2学期が始まって1週間。
禎瑞っ子は、夏休み気分も抜け、落ち着いて学習しています。
また、放課後の陸上練習も始まりました。
日が照ったり雨が降ったりの不安定な気候ですが、今朝は虹が出ていました。
がんばっている禎瑞っ子へのご褒美ですね。

図書室へようこそ!

図書室のカウンターで、愛媛県イメージアップキャラクター:みきゃんが待っています。
「かりる日」「かえす日」の表示を、担当の先生が夏休みに手作りしてくれました。
また一つ、図書室に来る楽しみが増えました。

身体計測+α(プラス・アルファ)

2学期の身体計測が始まりました。
それに合わせて、養護教諭がプラス・アルファの指導をします。
今回は、「トイレの使い方」です。
禎瑞っ子は、しっかり先生の方を見て聞いています。

このように、学校では、ルールの大切さ・けがの防止・生活習慣に関する指導をことあるごとにします。
家庭教育と学校教育が、相互に補完しながら子どもを丸ごと見ていることが分かる一場面です。

5,6年生 総合 「バケツ稲の観察」

バケツ稲の観察をしました。
禎瑞生産組合の方も来てくださり、観察の仕方を指導してくださいました。
そこに、南海放送の取材が入り、たいへんな賑わいの中で授業が進みました。


最初に、禎瑞生産組合の方のお話を聞き、虫眼鏡を使って穂の中を見ました。

 

(途中で雨が降ってきたので、家庭科室に移動して観察しました。)

子どもたちは、禎瑞生産組合の方に教えてもらいながら、穂の中の様子を真剣に調べていました。
次に、稲の花粉を顕微鏡で見ました。
さらに、苗が1本のバケツと苗が5本のバケツでは、違う育て方をすることがわかりました。

最後に、感想を発表し合いました。
新しい発見や驚きがあり、とても実りある活動となりました。

第2学期 始業式

正門で朝の元気のよい挨拶が響き、2学期が始まりました。
始業式では、代表児童が夏休みの思い出や2学期に頑張りたいことを発表しました。
「体育の球技を頑張りたい」「ノートをきれいにしたい」「漢字テストで100点を取りたい」「胸を張れる2学期にしたい」など、それぞれの目標をしっかり発表することができました。
校長先生からは、「約3か月(100回)努力し続ければ、必ずよい結果が生まれる」というお話がありました。

大島青松園訪問交流学習会

大島青松園は、香川県高松市沖合の大島にある国立ハンセン病療養所です。
西条西中、橘小、氷見小、禎瑞小の代表児童生徒が、施設見学をしたり愛媛県人会の方と交流学習会を行ったりしました。
7月に一度訪問している中学生が小学生に分かりやすく説明してくれ、差別の現実に学び、様々な人権問題に主体的に取り組む意欲を高めることができました。
ここで学んだことの一部は、9/27(金)に禎瑞公民館で行われる小地域懇談会で紹介する予定です。

 

三木秋男先生来校

西条市の「うちぬき」や文化財について幅広く研究されている三木秋男先生は、禎瑞にお住いです。
『ふるさと禎瑞~干拓230年祭によせて~』の著者でもあります。
今回、3・4年生の総合的な学習の時間のために、お力を貸していただくことになりました。

この日、禎瑞小の校長室で、享和2年の古地図をもとに干拓の工程を解説してくださいました。
また、岡山県にも大規模干拓の歴史があり、そちらからも学ぶよう勧めてくださいました。