H31禎瑞っ子日記

就学時健康診断(6年生)

来年度入学予定の子どもたちが、禎瑞小にやってきました。
6年生有志が、そのお世話を買って出ました。
「どういう言葉掛けが分かりやすいか」「どんな活動が楽しいか」などと相談し、
約3時間、立派にお兄さん・お姉さんぶりを発揮しました。

ミュージックケア

今日は、音楽療法士の先生をお迎えしました。
年生とわかば学級の禎瑞っ子が、ミュージックケアを行いました。
音楽に合わせて踊ったり、楽器を鳴らしたりして楽しい時間になりました。

 

学習発表会にむけて(金管練習)

体育館での金管練習が始まっています。
6年生にとって、小学生としての晴れ舞台は、学習発表会と音楽フェスティバルを残すのみ。
先生の指導をよく聞いて、自分たちの目標に向かって努力していることが伝わってきました。

緊急地震速報による訓練

5日(木)午前10時、屋外のスピーカーから全国瞬時警報システム(J-ALERT)を用いた緊急地震速報(訓練)が聞こえました。
禎瑞っ子は、放送が聞こえると危険なものから離れたり机の下に隠れるなど、すぐに身の安全を確保しました。
全員が黙って行動することができ、安全確保の仕方が身に付いてきたことが分かります。

西条市少年消防クラブ大会

11月3日(土)、丹原文化会館で少年消防クラブ大会が開催されました。
3・4年生の禎瑞少年消防団有志、団長さん、分団長さんと共に参加しました。
その中で、地域の消防団育成や活動に尽力した優良指導員として、禎瑞地区消防団員の方も表彰されました。

各学校が様々な工夫を凝らして、消防団の取組について発表しました。
日本は、火災だけではなく地震や洪水など、様々な災害が起こります。
災害が多い日本だからこそ、どのように命を守るかを考えさせられました。
実り多い消防団クラブ大会でした。

 

11月9日(土)には、火災予防広報活動と放水訓練を行います。
ふるさと禎瑞を火災から守るため、地域の皆さんに
「自分の地域は自分たちで守る」ことを呼び掛けます。