2019年11月の記事一覧

5・6年生 総合「バケツ稲の脱穀・もみすり」

5・6年生が、バケツ稲の脱穀ともみすりをしました。
禎瑞生産組合の方やJAの方(つまり、プロフェッショナル)が講師です。
脱穀は、牛乳パックの中に穂を入れて、割りばしで挟んで引っ張ります。
稲穂
1本ずつ行うので、先の長い地道な作業でしたが、次第にコツをつかんで手早く済ませる禎瑞っ子もいました。

次は、もみすりです。
すり鉢に脱穀したもみを入れ、ソフトボールでこすります。
息を吹きかけながら、もみがらを
飛ばすのがポイントです。
こうして出来上がったのが、玄米です。

初めての「脱穀・もみすり体験」でしたが、友達と協力し合いながら意欲的に活動していました。
米作りの大変さや楽しさを身をもって体感した、貴重な2時間でした。

第10回 読み聞かせ

読み聞かせがありました。
石鎚山が白く見える寒さでしたが、朝日が差し込む気持ちのいい朝でした。

さて、今日はどんなお話と出会えたのでしょう。

年生 「サンタさんといっしょに」「十二支のはじまり」

年生 「こんとあき」「サンタさんからきた てがみ」

年生 「ええところ」

年生 「てんぐ」

年生 「はやぶさの帰還」

年生 紙芝居「よだかの星」

素敵なお話を、ありがとうございました。

 

インフルエンザの予防について

西条市内では、今週からインフルエンザの流行がみられます。
予防のため、禎瑞小でも「うがい・手洗いの励行」などの取組を始めました。
12月2日(月)からは、全員がマスクを着用するようになります。
本日、お知らせのプリントを持ち帰っていますので、ご確認ください。

「とびなわ」跳びくらべ

校長室前に、5種類の「とびなわ」が並んでいます。
休み時間に使う子がほとんどですが、体育でうっかり忘れたときにも使えます。
「とびなわ」に番号があり、その番号の箱に返す仕組みです。
箱には、「グリップの長さ・グリップの素材・ロープの太さ」が表示されています。
跳びくらべると、どれが使いやすいか、どの跳び方に向いているのかなど、実感できます。
③番・⑤番のロンググリップ(21センチ)が人気で、交差系の跳び方も簡単にできるようです。
縄跳びは、「とびなわ」の選び方も大切です。
これからの季節、縄跳びで体を温め、元気に過ごしてほしいです。

5年生 ふれあい親善大使との交流会

新居浜特別支援学校のお友達と、今年2回目の交流会を行いました。
フラッグ取りオニや「おいものてんぷら」(ふれあい遊び)、転がしドッジボール、パラバルーン遊びなど、体をたくさん動かして楽しく交流しました。